最終兵器は自由

鈴木実貴子ズ

最終兵器は自由

¥2,200円(税込)

※特典:ポスター

生活は続く。心を燃やして唄っている。期待大の2人バンド。 SSW、ロック・オルタナティブバンド、HIPHOPとジャンルを越えた 共演、幅の広い活動スタンスで、全国各地でライブを展開。
シンプルかつダイナミックに「うた」でぶつかってくる2人バンド。

2021年6月の3rd.アルバムリリース後からこれまでの気持ちを綴った、ボーカル鈴木実貴子の鬱日記に近い 日々の記録。前作『泥の滑走路』は闇雲に進み続けたイメージだったが、今作からは、より節々に光を感じる。 最後は自分、最終兵器である自由を振りかざし、自分なりの生きやすい方法を探している。 歌詞カードの最後には鈴木実貴子本人による各曲の解説文あり、自作のジャケット含めCDそのものの価値 を見出したいし、見出して欲しい。 サポートメンバーによるバンド編成7曲+初挑戦ピアノと歌だけのおまけ1曲。期待大。

<収録曲>
1.夕やけ
2.生きてしぬ
3.関係ないのさ
4.ロックンロールが鳴らない
5.うつ
6.Setogiwa
7.風を待ってる
8.坂


「鈴木実貴子ズ」プロフィール :

鈴木実貴子 ( 歌とギター ) とズ ( ドラム ) による、名古屋在住の 2 ピースバンド。バンド名の由来は鈴木の案で
「解散した時に、私の名前だけは残るように」。時々バンド編成。 2019 年全国流通盤としては 1st となるアルバム
『現実みてうたえよばか』発売、
奇跡的に RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO にも出演が 決定したが、まさかの台風直撃により中止。
2020 年 2nd アルバム『外がうるさい』発売。
2021 年 3rd アルバム『泥の滑走路』発売。
2022 年、さらなる奇跡により
FUJI ROCK FESTIVAL2022 の ROOKIE A GO-GO に 選出、そして RISING SUN ROCK FESTIVAL2022 にもリベンジ出演が決定。