【6/16(水)発売】泥の滑走路

鈴木実貴子ズ

【6/16(水)発売】泥の滑走路

¥2,200円(税込)

この商品は予約商品です。

発送予定
予約最速で6/15(火)フラゲお届け!

※予約商品と同時注文した商品は、予約商品と同時の発送となりますのでご注意ください。

ザクっと刺さるうた。アコギとドラム。奇跡的なバランスで成り立つ2ピースバンド「鈴木実貴子ズ」
本作は主にコロナ禍中の1年間で制作された楽曲を収録。社会、そして自らが置かれた環境への様々な感情に真摯に向き合うことで生まれた楽曲を収録。
ギターとベースをサポートに加え爆音で音楽する4ピース体制の7曲+弾き語り楽曲1曲は間違いなくバンド史上最高の超短距離型アルバム。
誰もが感じている生活の息苦しさを、gt.vo 鈴木実貴子がいち個人として歌にしている歌詞にも要注目の作品!!

<商品情報>
アーティスト:鈴木実貴子ズ(読み:スズキミキコズ)
タイトル:泥の滑走路(読み:ドロノカッソウロ)
発売日:2021年6月16日(水)
価格:2,000円(税抜) / 2,200円(税込)
品番:TTRR-2101
POS:4580529537295
レーベル:tatara records
形態:CD(ミニアルバム)

<収録曲>
1.常識とルール
2.正々堂々、死亡
3.これでもかと
4.光を刺す
5.街のネオン
6.中国
7.うたなんて
8.キャッチフレーズ

鈴木実貴子ズ:
鈴木実貴子(歌とギター)とズ(ドラム)による、名古屋在住の2ピースバンド。
バンド名の由来は鈴木の案で「解散した時に、私の名前だけは残るように」
2019年3/20、全国流通盤としては1stとなるアルバム『現実みてうたえよばか』発売。奇跡的にRISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZOにも出演が決定したがまさかの台風直撃により中止。
2020年4月2ndアルバム『外がうるさい』発売したがコロナでワンマンツアーも中止。
挫けるのもまた良し、とにかく生活は続いていきます。